トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Cervical Sympathetic Chain Schwannomas
著者
学部・講座・部門
施設
EGAWA Shunya
2015  年度
大学 講座なし 頭頸部腫瘍センター
2015  年度
医学部 耳鼻咽喉科学 部門なし
2015  年度
旗の台校舎
2015  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SHIMANE Toshikazu
2015  年度
大学 講座なし 頭頸部腫瘍センター
2015  年度
歯学部 口腔外科学 口腔腫瘍外科学
2015  年度
医学部 耳鼻咽喉科学 部門なし
2015  年度
旗の台校舎
2015  年度
歯科病院
2015  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
IKEDA Kenichiro
2015  年度
大学 講座なし 頭頸部腫瘍センター
2015  年度
医学部 耳鼻咽喉科学 部門なし
2015  年度
旗の台校舎
2015  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KUSHIHASHI Yukiomi
2015  年度
大学 講座なし 頭頸部腫瘍センター
2015  年度
医学部 耳鼻咽喉科学 部門なし
2015  年度
旗の台校舎
2015  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
IKENOYA Yoichi
2015  年度
大学 講座なし 頭頸部腫瘍センター
2015  年度
医学部 耳鼻咽喉科学 部門なし
2015  年度
旗の台校舎
2015  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KITANO Manabu
2015  年度
医学部 耳鼻咽喉科学 部門なし
2015  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KURASAWA Yuya
2015  年度
大学 講座なし 頭頸部腫瘍センター
2015  年度
歯学部 口腔外科学 口腔腫瘍外科学
2015  年度
旗の台校舎
2015  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
KATSUTA Hideyuki
2015  年度
大学 講座なし 頭頸部腫瘍センター
2015  年度
歯学部 口腔外科学 口腔腫瘍外科学
2015  年度
旗の台校舎
2015  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
YASO Atsutoshi
2015  年度
大学 講座なし 頭頸部腫瘍センター
2015  年度
歯学部 口腔外科学 口腔腫瘍外科学
2015  年度
旗の台校舎
2015  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
SHIROTA Tatsuo
2015  年度
歯学部 口腔外科学 顎顔面口腔外科学
2015  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
KOBAYASHI Sei
2015  年度
医学部 耳鼻咽喉科学 部門なし
2015  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 27 巻      2 号
開始・終了ページ 開始 117  ページ /  終了  123  ページ
刊行年月 2015 年 06 月
言語 英語
内容記述 Surgery for cervical sympathetic chain schwannomas may result in postoperative Horner's syndrome. Thus, appropriate informed consent and adequate surgical experience are required to prevent any decrease in patients' quality of life (QOL) following such surgery. Here we report three cases of cervical sympathetic chain schwannomas, focusing on diagnosis and postoperative neuroparalysis. A schwannoma is suspected on pre-operative imaging when the common carotid artery (internal and external carotid artery) and internal jugular vein are located in front of or alongside the tumor, and cases in which the artery and vein are not separated are considered to be of sympathetic nerve origin. Since the origin nerve comes from the back anatomically, great care is needed during surgery. None of the patients in this study had symptoms of nerve paralysis postoperatively.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1019595&item_no=1
査読 あり
論文種別 症例報告