トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Amygdala Response During Anticipatory Anxiety in Patients with Tension-type Headache
著者
学部・講座・部門
施設
SATOH Kanako
2014  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2014  年度
医学部 内科学 神経内科学
2014  年度
旗の台校舎
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MASAOKA Yuri
2014  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2014  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
KASAI Hideyo
2014  年度
医学部 内科学 神経内科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SATOH Hironori
2014  年度
医学部 内科学 神経内科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
TSUKADA Setsurou
2014  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2014  年度
医学部 内科学 神経内科学
2014  年度
旗の台校舎
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SEINO Taketoshi
2014  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2014  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
KAWAMURA Mitsuru
2014  年度
医学部 内科学 神経内科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
HOMMA Ikuo
2014  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2014  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
IZUMIZAKI Masahiko
2014  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2014  年度
旗の台校舎
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 27 巻      1 号
開始・終了ページ 開始 39  ページ /  終了  48  ページ
刊行年月 2015 年 03 月
言語 英語
内容記述 Tension-type headache (TTH) is the most prevalent primary headache disorder, affecting 0.5%〜4.8% of the population worldwide. Psychological factors play an important role in the pathogenesis of TTH. For instance, depression and anxiety are thought to enhance central sensitization, and thus increase the frequency of headaches. In this study, we used the Minnesota Multiphasic Personality Inventory (MMPI) and measures of anxiety to analyze personality traits associated with TTH. Specifically, we were interested in the relationship between these variables, respiratory responses, and brain activity. Our results showed that individuals with TTH had significantly higher state anxiety scores compared with healthy controls. In addition, individuals with TTH showed a greater increase in RR during a stressful task involving anticipation of an electrical stimulation. During anticipatory anxiety, there was bilateral amygdala (AMG) activation in TTH patients, while only the right AMG was activated in healthy controls. Interestingly, patients in the TTH group with high levels of state anxiety and high scores on schizophrenia scales had the following MMPI personality traits: peculiar perception, poor familial relationship, difficulties concentrating, and lack of deep interest. We suggest that the psychological factors associated with the above-mentioned brain activation might induce peripheral muscle pressure, which then triggers headaches.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1017496&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著